前へ
次へ

傷は乾燥させるか湿らせたままか

傷がない状態の皮膚はもちろん出血もありません。乾いた状態と言えるでしょう。この部分に傷ができると出血があり、当初はジュクジュクした状態になっています。この状態からどうするのが医療的な措置として正しいかです。かつては早く乾燥させるのが良いとされ、絆創膏などを使うことが多かったです。医療の考え方はどんどん変化していて、かつての常識が今の非常識になることもあります。傷の治し方に関しては早く乾燥させるのではなく湿った状態を維持するのが良いとされています。絆創膏などで乾燥を促すのではなく、保湿などをして湿った状態を維持すると治りが早くなります。と言っても手などに傷があるままだと日常生活に支障が出るときもあります。最近は湿った状態を維持するための絆創膏などが出ているのでそれを活用するようにしましょう。一般的な絆創膏よりも高い時もありますが、傷は早めに治り傷痕も残りにくくなります。新しいタイプの絆創膏を常備薬の箱に入れておきましょう。

Page Top