前へ
次へ

心の治療のためにも予行演習ができます

外科手術の予行演習ができるVRが開発され、医学生や外科医の実地訓練やリハーサルに役立っているそうです。外科手術は失敗したら取り返しがつきませんので、このようなシステムはたいへん心強いものです。しかし、心を治療する医療者も同じで、経験不足だからと言って失敗は許されません。外科手術と同様に、慣れるまでは緊張と後悔の連続だと言います。そこで、VRの技術で擬似的なカウンセリングを体験できるシステムが開発されました。映像は実写をもとに作られているので、違和感もなくすぐに入り込めます。ここでは、両親の不仲によって家が荒れ果て、その中で暮らす子どもに対しての支援を行うというシナリオを演じます。VR相手ですからどういうコミュニケーションをするかということが何通りも体験でき、実際の現場でも落ち着いて行動することができるそうです。教師や警察官もこのシステムでトレーニングをしていて、効果のほども実証されています。

Page Top