前へ
次へ

薬局で電子お薬手帳を作ると良いこと

薬局に行くと必ずと言っていいほど、受付の方から「お薬手帳はお持ちですか。」と聞かれる。持っていないと答えると、毎回新しい紙の小冊子を作ってくれる。まだまだボケてはいない歳なので薬は自分で管理できると思っているし、大きな病気にも掛かっていないし、手帳を持ち歩くのも大変なので作りたくはなかったが、今回もわざわざ断ることも出来ずに作成してしまった。そもそもお薬手帳を作成しなければならないのは何故だろうか。薬局では薬の飲み合わせ確認を薬の服用歴からお薬手帳があることで、飲み合わせのチェックをしている。薬を貰う短い間に伝えられない過去のことも手帳を渡せば分かって貰えるのだ。また、表紙最初のページにはアレルギーや副作用歴や緊急連絡先の記入ページがあり万が一の副作用を未然に防いだり緊急の時に助けられることもあるかもしれない。人によっては薬局や病院との連絡ノートとして使っている人もいる。普段忙しい先生や薬剤師の方に伝えにくい事も手帳に書けば気楽に伝えられるし、それによって副作用も防げるかもしれない。薬局によっては手帳の有無でお会計も変わるようだ。手間だと思っていた手帳を持つこともそれ以上の価値があるようだ。更に最近では電子お薬手帳というアプリも使われ始めているとの事だ。これならばスマートフォンにダウンロードするだけでいつでも持ち歩ける。早速、安心を携帯するためにもお薬手帳をダウンロードしてみた。

Page Top