前へ
次へ

VRの技術を使って手術のリアルな予行演習

まるでゲームの世界が実際に目の前にあるかのような体験ができるのがVR、バーチャルリアリティです。医療の現場ではこの技術を使って、外科手術のトレーニングができるシステムを導入しているそうです。医学生はいずれ手術の執刀を経験することになりますが、実際の手術では戸惑ったり、ショックを受けたりするそうです。VRでリアルな予行演習をしておくことで本番でのショックを和らげ、スムーズに現場へ移行するための重要なツールだと言えるでしょう。視覚的なリアルさはもちろんですが、手触りや音も臨場感たっぷりに体験できるため、かなり心構えができるようです。昔からこういったシミュレーションシステムはありましたが、とても高価でした。しかし、最近では一般家庭のゲームでも普通にVRが使えるくらいに一般化しています。このVRシステムも、一般的なパソコンとゴーグルで使えるため、全部で67万円ほどとぐっと導入しやすくなっています。

Page Top