前へ
次へ

直接圧迫法による止血方法を知っておく

料理をするときは包丁などを使います。つい指を切ってしまうことがあるかもしれません。少し切るくらいなら出血量も少なく、絆創膏などを貼っておけば自然に止血するでしょう。しかしいろいろなトラブルにおいて大きな傷ができそこから出血するときもあります。あまり出血が多いと非常の危険な状態になります。周りにいる人ができることとして止血がありますが、最も基本的な止血方法として直接止血法があります。これは傷口を布などで直接押さえて止血することからそう呼ばれています。清潔なハンカチやガーゼを当てて強く押さえます。注意として吸水性の高いティッシュなどは使わないようにします。腕などであれば強く抑えながら傷口を心臓よりも上の位置にするようにします。あくまでも簡単にできるときであって無理に心臓より上にする必要はありません。これによって止血しやすくなるとされています。手で押さえるときは家庭などであればゴム手袋などをし、他人の汚れが傷から入らないよう対処するようにしましょう。

難聴の心配がある、言語の発達が遅い、そんな不安をお抱えなら大阪西長堀のめぐみ耳鼻咽喉科・アレルギー科にご相談ください。詳しくはこちらから↓
言語の発達検査・訓練に対応

天神の内科といえばこのクリニック
駅より徒歩7分で通えるクリスタル医科歯科クリニックです

不妊鍼灸 三重

脳梗塞 後遺症

インビザライン 大阪

Page Top